善玉菌のチカラはアレルギーに効果あるの?口コミを徹底調査してみた

ws000000

フジッコが開発した乳酸菌サプリ

カスピ海ヨーグルトで有名な、「フジッコ」が開発したサプリです。

 

腸環境改善のためにヨーグルトを食べていても、乳酸菌が生きて腸に届くとは限りません。

胃酸によって分解されてしまうし、料理などで加熱してしまえば死んでしまうからです。

 

死んでしまった乳酸菌でも善玉菌のエサとなってくれますが、やはり「生きて腸に届く乳酸菌」というのは魅力的です。

フジッコの独自技術により、20億個以上もの生きた乳酸菌をカプセル化したもの、それが「善玉菌のチカラ」です。

万能な乳酸菌「クレモリス菌FC株」とは?

使われている乳酸菌は、カスピ海ヨーグルトにも使われているクレモリス菌FC株です。この乳酸菌の特徴は、とにかく粘りが凄いこと。毎日摂取するとなると、カスピ海ヨーグルトを食べるよりも、サプリの方が簡単です。

 

また、現代人にとってカルシウムは不足しがちな栄養素の一つでもあります。

効率よくカルシウムを摂取しようとすると、牛乳が一番お手軽なのですが、お腹を壊してしまう人も少なくありません。

私もその一人なのですが、ありがたいことにこのサプリにはカルシウムが配合されています。しかもホタテ貝由来の成分なので安心できます。

アレルギー改善にも効果がある?

乳酸菌は腸内環境を整えてくれるので、便秘だけでなく花粉症やアトピー性皮膚炎などにも効果が期待できるようです。

腸内環境の改善は免疫力を高めて、アレルギー体質を抑えるのに大変重要です。毎日、善玉菌のチカラを摂取することにより大きな効果が期待できます。

飲みやすいカプセル状のサプリなので水さえあればどこでも好きな時間に手軽に摂取できるので長期的に続けやすいサプリです。

一袋の善玉菌のチカラのサプリで1日1カプセルを服用するとして1ヶ月分のたっぷり容量に加えて、お値段も3000円以下で購入できるので1日あたり100円程度というリーズナブルな価格も経済的で続けやすい点です。

善玉菌のチカラの口コミ

30代女性

フジッコさんは対応もよく、商品も早く届きました。

今年は暑くて、子供ともなかなか外に出ず、エアコンのついた部屋でゴロゴロして過ごす事が多く、エアコンも効いていたので、水分もとらないことが多く便秘が本当にひどくて困っていました。

便秘のせいでお腹はぽっこりし、スカ-トやズボンが入らないし、肌荒れはひどいし、水分をとってないわりに、手や顔がむくんでいました。

しかし、この善玉菌のチカラを飲みだしてからというもの、便秘はビックリするくらい改善され、お腹のぽっこりもなくなり、サイズアウトしていたズボンやスカ-トも余裕ではいるようになりました。

そして一番ビックリしたのが、顔でした。

今までは朝起きて顔がむくんでいるから、朝からテンションが上がりません。

とりあえず、顔のむくみがとれるようにマッサージをしていたのですが、飲みはじめてからというもの、むくみがとれ顔が小顔になった気がしました。周りからも痩せた?とよく聞かれ、嬉しい楽しい毎日が続いています。パッケージも小さいので持ち歩きに便利で、飲み忘れることもほとんどないです。

特に今のところ悪いところはありません。

便秘に悩んでいる方がいましたら、ぜひ試してみてください。

40代女性

現在、善玉菌のチカラを飲み始めて半年になります。
このサプリを飲み始めたきっかけは慢性便秘と顔に繰り返し出来るアトピー性皮膚炎のかゆみでした。

乳酸菌が便秘やアトピーに効果があると知ってから、とにかくすぐに効果がでなくても長期間飲んでいこうと思っていました。

そもそも体質改善するには短期間では効果があまりみられず、ある程度長い期間をかけて、ゆっくりと体質改善をしていく必要があるとわかっていたので即効性に関しては最初から期待はしていませんでした。

ところが善玉菌のチカラを飲み始めてから、まず毎日かなり悩まされていた慢性便秘が一週間ほどで少しずつ便通が良くなってきて、朝、長時間トイレにこもらなくても、すんなりと便通があるようになったのです。

そして2週間目ぐらいからは、ほぼ毎朝、非常に良い状態の便が楽に出るようになりました。これは今までスッキリと便通があったことがなかったので本当に嬉しい効果でした。さらに便通が完全に改善されると同時に、顔のアトピーの痒みが、以前のように頻繁にでてこなくなったことに気付きました。

おそらく便秘が治ったことによって、腸内の悪玉菌が減少し腸内環境が爆発的に向上したことで免疫力がアップしアレルギーを引き起こしにくくなったことによる効果だと思います。乳酸菌のチカラのサプリ一つで、二つのトラブルが解消できて、とても健康な毎日を送っています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ